自動車技術

スポンサーリンク
CAN通信

【まとめ記事】CAN通信読み取り方法

CAN通信を読み取る方法をまとめました。 必要なコネクタ等の治具、接続方法、CANUSBやArduinoなどの使い方を整理しています。
CAN通信

CAN-BUS SHEILDを使って車両のCAN情報を読む方法

Arduinoと組み合わせてCAN情報を読み取ることができる、 CAN-BUS SHIELDを使って車両のCAN情報を読み取りました。
CAN通信

車両とレーダー探知機のCAN通信を読み取ってみた

レーダー探知機はOBD2カプラと接続することによりCAN通信を行い、エンジン回転数などを表示することができます。 今回は分岐ハーネスを利用し、レーダー探知機と車両の通信内容を読み取った結果をご紹介します。
バッテリー

12V鉛バッテリーのパラメータ(SOC, SOH, SOFとは?)

12Vの鉛バッテリーの重要なパラメータであるSOC, SOH, SOFについて解説します。 本記事を読めば、SOC、SOH、SOFに
CAN通信

CAN USBとOBDの接続方法

CAN USBの使用方法を下記の記事で説明しましたが、 車とどのように接続すれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか? 本記事では接続の治具の作り方を2つご紹介します。
リレー

車載リレーの基礎知識

本記事は車載リレーを理解する上での基本知識をまとめました。 本記事を読むと、リレーの基本動作、リレーの基本回路、車両への搭載例、リレーボックスとヒューズボックスの違いがわかります。
自動車技術

ツール不要!OBD2から車のDTC(故障コード)を見る方法

「ディーラーの人が見ている車両の故障情報を見てみたい」 「故障診断機を使いたいけど、高くて買えない」 そのように考えている方も多いのではないでしょうか? 本記事では特別なツールを使わずに故障情報を見る方法を紹介します。 この記事を読むとあなたのクルマの故障情報を見る方法が分かります。 結論としては「OBDの特定の端子をショートさせた状態で、エンジンをかけること」です。 ・具体的な作業方法 ・故障コード内容の確認方法 について解説します。
自動車技術

最新の自動車盗難手法 CANインベーダーとは?

最新の自動車盗難手法であるCANインベーダーについて、自動車業界に従事したことがある私が解説します。
CAN通信

CAN USBの使い方(LAWICEL社、コンパスラブ)

CAN USBを使って自動車のCAN情報を読む方法をまとめました。 使い方がわからない方の一助となれば幸いです。
CAN通信

ArduinoでクルマのCAN通信を読む方法

MCP2515, MCP2551を個別購入してArduinoでCAN情報を読んでみました。
タイトルとURLをコピーしました